ドライバーの募集があることもある

先ほどはデリヘルの送迎ドライバーについて紹介しましたが、なかには女性が送迎ドライバーとして働いていることがあります。近年では、高級デリヘルを中心に女性ドライバーを積極的に採用しているお店も増えてきています。以下で女性ドライバーを採用する理由を見ていきましょう。

デリヘル嬢は、移動中の車内でドライバーに愚痴を話していることが多いです。この愚痴をしっかりと受け止めることもドライバーの役目であり、デリヘル嬢のモチベーションにもつながります。男性でも相談に乗ることはできるのですが、女性にしか話せない内容もあります。また、男性よりも女性のほうが話しやすいというデリヘル嬢もいるでしょう。そのため、女性ドライバーが増えてきているのです。

もともとデリヘル嬢として働いていた方が女性ドライバーに転身するケースもあります。その場合、デリヘル嬢は仕事のことなどを気兼ねなく相談できます。実際に働いていた視点からアドバイスができるため、デリヘル嬢の満足度が高くなり働きやすくなります。その結果、お店への定着率につながります。このようにお店側とデリヘル嬢のどちらにもメリットがある制度なのです。女性ドライバーの求人も増えてきているため興味がある方は検討しても良いでしょう。

送迎制度のメリット

送迎つきの風俗で最も人気があるのがデリヘルです。24時間営業することが可能であり、週末を中心に多くの男性が利用しています。また、女性にかかる負担も少ないことから人気がある仕事です。働くことを考えている女性も多いのですが、なかには送迎ドライバーを気にしている人もいるでしょう。以下で送迎ドライバーについて紹介します。

基本的にデリヘルの送迎ドライバーは男性が多いです。女性のなかには送迎ドライバーが手を出してくると思っている女性もいるでしょう。しかし、そうしたことはないので安心して問題ありません。デリヘルをはじめとした風俗店では、送迎ドライバーがお店の女の子と仲良くなることを禁止しています。また、なかには付き合っているなどの関係が分かった場合には、損害賠償の措置をとるお店もあります。そのため、送迎ドライバーが口説いてくるということはほとんどないのです。

しかし、送迎ドライバーからアプローチを受けることもあります。そうしたときには、上手くかわすようにしましょう。また、お客様から口説きを受けたときの練習をしていると思うのもおすすめです。送迎ドライバーが女性を口説くということは、クビになることを覚悟して行っているということ。これをかわすことができれば、お客様相手でも上手くかわせるようになるでしょう。